ピーチの歴史と特徴

格安航空ピーチの特徴

関西国際空港を拠点とする日本の格安航空ピーチは、2011年に設立されました。

桃色と紫色の中間色であるフーシア色を基調としたデザインや、関西弁などの方言が用いられる機内アナウンスで知っている人も多いのではないでしょうか。

日本国内の格安航空会社と言えば、ジェットスターやバニラエアーなどが挙げられますが、その中でもピーチは優等生でだと言われています。

では一体何がピーチの格安運賃を可能にしているのでしょうか。

主に機体の機種を減らすことによる整備やメンテナンスのコスト削減や、航空機1機あたりの稼働率を上げることが挙げられます。

数ある格安航空のなかでもピーチは、関西空港の格安航空専用ターミナルの設置や搭乗率の高さによって成功を収めました。

ピーチの使い方と注意点

ピーチの登場によって、より気軽に旅行を楽しめる機会が格段に増えました。

通常の航空券は往復で手配するものが多いですが、ピーチは片道設定。

これを逆手に取れば、様々な場所を経由して旅行するなど、今までとは違った楽しみを味わうことができて旅の可能性が拡がること間違いなしです。

しかしピーチを利用する際には、いくつかの注意点があります。

ピーチではより安い運賃を実現するため、様々なサービスが有料で行われます。

ドリンクや毛布が有料であるほか、機内持ち込みの制限を超えた荷物を預ける際には手数料がかかります。

多くの客席を確保するために多少前後の席の間が狭いですが、短時間の国内旅行ならそれほど気にならないでしょう。

ピーチ航空の予約!

└ ここでピーチ航空のチケットが予約出来ます

ピーチの国内路線

ピーチ航空の国内路線が便利です

少し前までは日本航空や全日空などといった国内大手航空会社の飛行機に乗って移動する人がほとんどでしたが、ピーチ航空などの運賃が安い格安航空会社のサービスが開始されてからは、利用する人が増えています。

座席の幅が少し狭かったり、座席の指定や機内持ち込みの荷物を預けたりするのが有料となったりしていますが、安く目的地に行くことができればそれでいいと考える人も多いのでしょう。

新幹線での移動や高速バスの利用とどちらが安くいけるのかなど、料金を比較したうえで、賢く利用したいものです。

最寄りの空港からピーチ航空の便があるのかどうか、チェックすることから始めてみましょう。

何度も乗ってシステムに慣れてしまえば、使い勝手のいい移動手段になるでしょう。

ピーチにはどんな路線があるのか

ピーチにはどのような国内路線があるのでしょうか。

大阪と札幌、仙台、東京、九州などを結ぶ路線、沖縄と福岡を結ぶ路線、東京と福岡を結ぶ路線などが主な路線です。

全国を網羅していないのですが、主要空港からは運航しているので便利です。

学生さんなど、帰省でお金がかかる場合は格安のピーチ航空を利用してみるとお得です。

予約やキャンセルなどはすべてインターネットで手続きができますが、ターミナルビルが少し遠かったりするので時間に余裕をもって行動するといいでしょう。

一度格安航空会社を利用した人は、リピーターになる人が多いようです。

自分なりのルールを作って、セール運賃の時期があれば時々乗ってみるなど、賢く利用するといいでしょう。

成田空港での出発ロビーや搭乗手続きカウンター

出発30分前までにチェックイン

成田空港で、ピーチエアの国内線搭乗手続きは、第一ターミナル南ウイング1階の国内線チェックインカウンターで行います。

1階の国内線チェックインカウンターで、出発時刻の30分前までに搭乗手続きを行う必要があるので注意しましょう。

荷物を預ける必要がある場合は、有人カウンターで手荷物を預ける手続きを行います。

ピーチエアでは、手荷物の受託は有料です。

1階でチェックインを済ませたら、エレベーターで3階へ移動して、保安検査場で国内線のセキュリティーチェックを受けます。

セキュリティーチェックは、出発時刻の25分前までに終えなくてはなりません。

大型連休中や夏休み期間など、利用客が多い時期は早めにセキュリティーチェックをすませておくと安心です。

搭乗時間に余裕があるときは

セキュリティーチェックが終了すると、今度は2階へ移動し、搭乗ゲートまたはバスで飛行機に搭乗します。

遅延などの情報があれば、場内アナウンスがされるので、耳をそばだてておきましょう。

トイレなどの用事を済ませて、遅くとも出発時間の20分前までには、搭乗ゲート前にある搭乗待合室で待機するようにしましょう。

ピーチエアでは、自動チェックイン機で出発時間の90分前から30分前までの間に搭乗手続きをすることができます。

出発時間まで90分以上余裕があり、待ち時間が長いときは、成田空港内の待合室で過ごしましょう。

ピーチエアの搭乗手続きが行われる第一ターミナル南ウイングに近い待合室としては、4階国内線出発ロビーの団体用待合室(S-2からS-4)があります。

これらの団体用待合室は、誰でも自由に利用できます。

関西空港での出発ロビーや搭乗手続きカウンター

国内線の搭乗手続きはどうしたらいい?

ピーチ航空では、すべて自動チェックイン機で搭乗手続きが行われます。

印刷した予約確認書、または予約番号が必要となります。

予約確認書のバーコードまたは予約番号のどちらも持っていない場合は、搭乗手続きができませんので注意が必要です。

国内線では、出発時刻30分前(関西国際空港、那覇空港発は出発時刻25分前)までに自動チェックイン機で搭乗手続きをする必要があります。

1分でも過ぎると搭乗手続きはできませんので、時間厳守となっています。

自動チェックイン機のスキャナーにバーコードをかざすか、予約番号を入力すると、1人1枚ずつレシートのような搭乗券が出力されます。

大事な搭乗券ですので、レシートと間違えて捨てることがないようにしましょう。

預ける荷物があれば手荷物カウンターへ行きますが、預ける荷物が無い場合は、そのまま保安検査場に進み、搭乗となります。

国際線の搭乗手続きはどうしたらいい?

基本的には、国内線の搭乗手続きと同じ流れですが、国際線だけの特別な手続きについて確認してみましょう。

印刷した予約確認書、パスポートが必要になります。

予約確認書とパスポートの名前が違う場合は搭乗できません。

航空券を予約する際に、名前の間違いがないかを確認する必要があります。

搭乗手続きの締め切りは、出発時刻50分前となっています。

これは、国内線と同様に1分でも過ぎると手続きができません。

日本を出発する便(羽田空港を除く)では、 自動チェックイン機のスキャナーにバーコードとパスポートをかざすと、1人1枚ずつレシートのような搭乗券が出力されます。

保安検査場を通過した後は、出国審査となります。

出国審査後の免税エリアでは免税店もあります。

搭乗口では、搭乗券とパスポートを提示し、飛行機へ搭乗となります。

ピーチの機内食とエンタメ系サービスの紹介

魅力満載の豊富な種類の機内食

ピーチでは追加料金を支払うことで、機内食を楽しむことができます。

空の旅で味わうことのできる機内食の一例をご紹介します。

まず最初に豊富なメニューの食事があげられます。

カレーやたこ焼き、お好み焼き、タコライスが提供されており、タイミングによっては期間限定メニューを食べることができるのです。

次に、小腹がすいたときに便利なスナックも用意されています。

ご飯もの、麺類、おつまみやパンといった幅広い種類があり、気軽に食べることができるのが魅力です。

デザートにはピーチオリジナルのものや、アイス、和菓子が用意されており、甘いものが欲しくなった時でも安心です。

その他にも飲み物やビールも用意されており、自分の食べたいものを食べたい量だけ注文できます。

驚きのエンターテイメントサービス

ピーチでは多彩なエンターテイメントを楽しむことができ、空の旅をより快適なものにしてくれます。

ピーチでは事前にアプリをダウンロードすることで自分のスマートフォンやタブレットで映画やドラマ、音楽、ゲームを楽しむことができます。

サービスを受けるには2通りの方法があり、空港の待合室で専用Wi-Fiで行うものと、チケット認証によって利用する方法があります。

このサービスhigh!では無料で提供されているものと、有料のものがあり、LCCのピーチであるにもかかわらず無料で利用できるサービスがあるのは驚きです。

また、有料で受けられるエンターテイメントは500タイトル以上にものぼり、種類の多さが魅力となっています。

カワイイピンクの機体と機内の雰囲気

女子の気分が一気に上がる!

カワイイピンクの機体が自身の搭乗の入り口から見えただけで、これは女性の方だけでなくピンクがお好きな方々からすれば、その日の移動時間は気分が上がることは間違いなしでしょう。

きっと第一声に「カワイイ」との声が上がることを想像してしまいます。

そして、皆SMS、Facebook、instagramへと投稿するのが目に見え、それを見た人も乗りたいという気分にさせてくれる気がします。

これから移動する方々の中には、楽しい旅行の方、お仕事でこれから出発する方、これからご帰宅で疲れている方とさまざまな人がいる中で、カワイイピンクの機体を見れば、楽しさ倍増、緊張やお疲れも少し和らぐのではないでしょうか。

まずは機体の外見だけで気分が上がること間違いなしです。

中までこだわりのカワイイピンクが!

さて、機体の外観で気分を上げたところで、いよいよ機内へ。

ここで更に盛り上がります!

機内もなんてカワイイピンクでコーディネイトされているのでしょうか。

まずは離陸前にカメラを手放せないでしょう。

また、あちこちで「カワイイ」の声が漏れます。

このカワイイピンクの機内にいると、いつも不安な離陸前後が解消される気がします。

次は、機内でのサービスにも期待が高まります。

一工夫がされているのではないかという期待が…

期待を裏切らないカワイイピンクでのサービスで、終始気分は上がりっぱなし。

そして、シャッターチャンスも忘れず、しっかりとカメラへと収めます。

このカワイイピンクの機内は、短い距離の飛行をもっと居たい気分へ。

長い距離の飛行は、長い距離だったことを忘れる気分へと導いてくれます。

お得なチケットの購入方法

インターネット予約で買う

チケットを安く買う方法として、インターネット予約というのがあります。

PCやスマートフォンで予約できるという利点があります。

電話や空港カウンターで直接予約する場合は、新規予約手数料が掛かりそれは千円単位のもので出費も痛いものとなります。

PCやスマートフォンで予約が出来るので、忙しくて電話や出向くなんて出来ない!という方に打ってつけで、またそうする事によって手数料を取られず安くチケットを購入出来るなんてとっても素敵な事だと思います!せっかくの飛行機での遠出なので安くして楽しみたいですよね、

インターネット予約というお手軽な方法を使ってみてはいかがでしょうか。

次はもう二つ目のお得な方法を紹介したいと思います。

セールの時期を狙う!

航空会社の中で格安を一番に乗り出したピーチが更に、セールまで行っている事をご存じでしょうか?

安い時は、基本料金の半値で航空券を販売している事もあるのです。

そんなセールは不定期に行われていて、新規就航路線記念、クリスマスなどのイベント事の時に行われる事が多いようです。

そのようにお得なチケットの購入を手助けしてくれるのが、

メルマガとSNSなのです。

メルマガやSNSに登録する事によりいち早くその情報を知る事が出来て、人より早く希望したい日に合わせて格安で航空券の予約を取る事が可能なのです。

国内旅行は海外旅行よりも高い場合があったりするので、安く出来るに越したことはないですよね。

その為の情報を知る為のツールを利用するのも一つの手なのではないかと思います。

ピーチの自動チェックイン機の使い方

ピーチの国内線の自動チェックイン機の使い方

ピーチでは自動チェックイン機で搭乗手続きをする必要があります。

国内線を利用する際にスムーズにチェックインするためのポイントをご紹介します。

まず印刷した予約確認書を持参する必要があります。

なぜならその予約確認書のバーコードを自動チェックイン機のスキャナーにかざし搭乗手続きを行うからです。

そして搭乗券をとりチェックイン完了となります。

万が一予約確認書を印刷できない場合は予約番号を控えておく必要がでてきます。

また注意しなければならないのが、チェックインは出発時刻の30分前までと定められており、それ以降は搭乗することができなくなってしまいます。

LCCであるピーチは出発ターミナルが大手航空会社と異なるケースがある為事前の確認が必要です。

ピーチの国際線の自動チェックイン機の使い方

ピーチでは国際線を利用する際も自動チェックイン機で搭乗手続きを行う必要があります。

国際線の利用では、印刷した予約確認書とパスポートやビザなどの渡航書類が必要となってきます。

国際線の場合、国によっては第三国行の航空券が必要な場合やビザが必要な国があります。

また、パスポートと予約確認書のフルネームが一致しないと搭乗することができないため予約の際に確認することが大切です。

そしてこれらの条件がすべてそろった際に予約確認書のバーコードを自動チェックイン機のスキャナーにかざすことで搭乗券を得ることができます。

さらに国際線のチェックインは出発時刻の50分前までとなっているため、余裕をもって空港に訪れることが重要となってきます。