ピーチの歴史と特徴

格安航空ピーチの特徴

関西国際空港を拠点とする日本の格安航空ピーチは、2011年に設立されました。

桃色と紫色の中間色であるフーシア色を基調としたデザインや、関西弁などの方言が用いられる機内アナウンスで知っている人も多いのではないでしょうか。

日本国内の格安航空会社と言えば、ジェットスターやバニラエアーなどが挙げられますが、その中でもピーチは優等生でだと言われています。

では一体何がピーチの格安運賃を可能にしているのでしょうか。

主に機体の機種を減らすことによる整備やメンテナンスのコスト削減や、航空機1機あたりの稼働率を上げることが挙げられます。

数ある格安航空のなかでもピーチは、関西空港の格安航空専用ターミナルの設置や搭乗率の高さによって成功を収めました。

ピーチの使い方と注意点

ピーチの登場によって、より気軽に旅行を楽しめる機会が格段に増えました。

通常の航空券は往復で手配するものが多いですが、ピーチは片道設定。

これを逆手に取れば、様々な場所を経由して旅行するなど、今までとは違った楽しみを味わうことができて旅の可能性が拡がること間違いなしです。

しかしピーチを利用する際には、いくつかの注意点があります。

ピーチではより安い運賃を実現するため、様々なサービスが有料で行われます。

ドリンクや毛布が有料であるほか、機内持ち込みの制限を超えた荷物を預ける際には手数料がかかります。

多くの客席を確保するために多少前後の席の間が狭いですが、短時間の国内旅行ならそれほど気にならないでしょう。

ピーチ航空の予約!

└ ここでピーチ航空のチケットが予約出来ます