関西空港での出発ロビーや搭乗手続きカウンター

国内線の搭乗手続きはどうしたらいい?

ピーチ航空では、すべて自動チェックイン機で搭乗手続きが行われます。

印刷した予約確認書、または予約番号が必要となります。

予約確認書のバーコードまたは予約番号のどちらも持っていない場合は、搭乗手続きができませんので注意が必要です。

国内線では、出発時刻30分前(関西国際空港、那覇空港発は出発時刻25分前)までに自動チェックイン機で搭乗手続きをする必要があります。

1分でも過ぎると搭乗手続きはできませんので、時間厳守となっています。

自動チェックイン機のスキャナーにバーコードをかざすか、予約番号を入力すると、1人1枚ずつレシートのような搭乗券が出力されます。

大事な搭乗券ですので、レシートと間違えて捨てることがないようにしましょう。

預ける荷物があれば手荷物カウンターへ行きますが、預ける荷物が無い場合は、そのまま保安検査場に進み、搭乗となります。

国際線の搭乗手続きはどうしたらいい?

基本的には、国内線の搭乗手続きと同じ流れですが、国際線だけの特別な手続きについて確認してみましょう。

印刷した予約確認書、パスポートが必要になります。

予約確認書とパスポートの名前が違う場合は搭乗できません。

航空券を予約する際に、名前の間違いがないかを確認する必要があります。

搭乗手続きの締め切りは、出発時刻50分前となっています。

これは、国内線と同様に1分でも過ぎると手続きができません。

日本を出発する便(羽田空港を除く)では、 自動チェックイン機のスキャナーにバーコードとパスポートをかざすと、1人1枚ずつレシートのような搭乗券が出力されます。

保安検査場を通過した後は、出国審査となります。

出国審査後の免税エリアでは免税店もあります。

搭乗口では、搭乗券とパスポートを提示し、飛行機へ搭乗となります。